┃■駅前でない。

┃■車の交通量がない。

┃■目印となる近隣の建物がない。

┃■人通りがない。

┃■駐車する場所がない。

 
このないない尽くしの中で、
売れている和菓子屋Iさんについて
記しています。
 
 
 
和菓子屋Iさん取り組みやこだわりは、
味だけではありません。
 
 
今回は味以外の取り組み、
こだわりについて記します。
 
 
その一つは、
━━━━━━━━━━━━━
【軸】となるネット媒体
━━━━━━━━━━━━━
を持たれていることです。
 
 
和菓子屋Iさんの場合は、
ネットショップ機能付きの
ホームページです。
 
 
このホームページ開設の
きっかけは、
大きな天災でした。
 
 
数年前に大洪水で、
お店横を流れる川が氾濫。
 
 
お店は完全に浸水し、
営業不能状態になったのです。
 
 
お店の再開までの間、
ご主人は様々な苦境の打開策を
考えられました。
 
 
そこで行き着いたのが、
━━━━━━━━━━━━━
【軸】となるネット媒体
━━━━━━━━━━━━━
でした。
 
 
ご主人は、
———————————–
ひょっとしたら、
お店が営業不能状態になって
考える時間がなかったら、
 
ネット媒体なんて
持とうと思わなかったかも
しれない。
 
ほんとにどうしようもない
状態やったからね。
———————————–
と。
 
 
どのような状態になっても
諦めないご主人の姿勢に、
私は尊敬の念を抱きました。
 
 
そのホームページ開設と
地方紙への広告出稿により、
全国から注文が来るように。
 
 
以来、年末には
【杵つき餅】の注文が殺到。
 
 
固定客がつき、
売上が安定しました。
 
 
カート機能がついているものの、
注文の多くは電話。
 
 
カート機能をつけなくても、
ホームページからは、
注文が来ることを
実証されています。
 
 
また、
 
 
和菓子屋Iさんは、
看板商品に惜しみなく
オリジナルのパッケージを
制作されます。
 
 
ご主人曰く、
———————————–
うちの商品を
贈り物として使ってくださる方に、
格好をつけてもらえるように
しないとね。
 
 
それにパッケージは、
商品を訴求して、
商品を魅力的に魅せてくれる
大切な販促物やから。
———————————–
とのこと。
 
 
売上が低下すると、
まずコストカットするのが、
パッケージ。
 
 
その傾向とは逆に、
和菓子屋Iさんは、
惜しみなくパッケージに
コストをかけられます。
 
 
でも、その言葉は、
━━━━━━━━━━━
商品を購入する
お客様の立場だったら
どうか?
━━━━━━━━━━━
というところから
発せられています。
 
 
お客様の立場にたった
販促的意識。
 
 
学ぶべきところが
たくさんあります。
 
 
和菓子屋Iさんは、
 
【味】
【媒体】
【パッケージ】
 
の三つにこだわられています。
 
 
このバランスが、
和菓子屋Iさんの
強みなのかもしれません。
 
 

┃■駅前でない。

┃■車の交通量がない。

┃■目印となる近隣の建物がない。

┃■人通りがない。

┃■駐車する場所がない。

 
とないない尽くしの立地ですが、
移転は全く考えてないそうです。
 
 
その理由は、
———————————–
この近辺は
良質な素材の宝庫やからね。
 
使っている素材も、
うちの強みだから、
離れようとは全く思わない。
———————————–
 
感服いたします。
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
前回と今回の
和菓子屋Iさんの情報に
得るものはありましたでしょうか?
 
 
それとも、
 
「和菓子屋Iさんだから
 できること!」
 
と他人事でしょうか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
売上に悩まれるお客様から
相談を受けることが増えました。
 
 
しかしながら、
 
 
他店の成功事例を伝えると、
 
・気分を害される方
 
・聞く耳を持たれない方
 
がいらっしゃることに
驚きを感じます。
 
 
ご自身の様々な取り組みに
置き換える、
━━━━━━━━
【置き換え思考】
━━━━━━━━
になれないのは辛いですね。
 
 
立地条件がひどい中でも、
売れているお店が
たくさんあります。
 
 
ぜひアンテナを広げ、
━━━━━━━━
【置き換え思考】
━━━━━━━━
になって売上アップに
つなげていただきたいと
思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
販促【三種の神器】で
快適な販促・媒体構築へナビゲート!
  
■販促コーディネーター竹内
http://takeuchi-produce.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━