アンケートの取り組みについて、
更新しております。
 
 
今回も引き続きお豆腐屋さんが
ケーススタディですが、
 
皆さんの様々な取り組みに
置き換える、 
━━━━━━━━
【置き換え思考】
━━━━━━━━
になって読んでください。
 
 
前回は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アンケートの取り組みフロー

┣ アンケートを分析する。

┣ 情報を整理し、
┃ 集客媒体で発信する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
について記しました。
 
 
せっかくアンケートを実施しても、
回収するだけで終わらせてませんか?
 
 
今回は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■アンケートの取り組みフロー

┣ リスト化する。

┣ 商品に反映する。

定期的に実施する(PDCA)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
について記します。
 
 
ここまで取り組むと、
アンケートの販促価値は、
マックスに達します。
 
 
では、リスト化から
記していきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■アンケートの取り組みフロー

┣ リスト化する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
顧客リストをテーマにした
コラムでは必ず明記することが
二点あります。
 
 
それは、
 
─────────────────
“労少なく功多し”の販促は
顧客リストを利用した販促です。
─────────────────
 
ということと、
 
─────────────────
販促の最終地点の一つ手前は、
顧客リストを増やすことです。
─────────────────
 
この二点です。
 
 
アンケートの最終目標は、
━━━━━━━━━━
顧客リスト獲得です。
━━━━━━━━━━
 
最低限取得すべき
リスト内容である 
—————
◆郵便番号
◆住所
◆電話番号
◆氏名
—————
を取得したら、
即、顧客管理ソフトに
情報を登録してください。
 
※顧客リストの管理方法については、
 ここでは触れません。
 
 
顧客リストがあれば、
販促の緻密な戦略を練ることが
できます。
 
 
顧客リストがあれば、
命中率が高い販促を
仕掛けることができます。
 
 
アンケートに取り組むにあたっては、
どこまでも、
━━━━━━━━━━
顧客リスト獲得
━━━━━━━━━━
を意識してください。
 
 
アンケートをきっかけで
個人情報を提供してくださる
お客様です。
 
 
永遠にそのお客様を
大切にしてください。
 
 
ご相談いたいだいたお豆腐屋さんは、
まずは年賀状ソフトで
顧客リストを管理することに
なりました。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■アンケートの取り組みフロー

┣ 商品に反映する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
アンケートの質問項目に、
③ニーズの確認がありました。
 
 
覚えていらっしゃいますか?
 
─────────────
ニーズ
=求め・要求・需要・必要
─────────────
 
お豆腐屋さんの質問項目は、
下記の内容でした。 
 
Q.今後どのような商品があれば
 良いと思われますか?
 
Q.他のお豆腐屋さんで
 良いまたは面白いと
 と思われた商品は
 ありますか?
 
Q.お豆腐屋に期待するものは
 何ですか?
 
ニーズに全て答えるべきでは
ありませんが、
—————————
■現実味があるもの
■ニーズが多かったもの
—————————
については、
商品に生かしてください。
 
 
アンケート
=マーケティングリサーチツール
 
 
実際にアンケートを取る前にも
お客様の意見を反映して
商品に生かしたものが
あるのだそうです。
 
 
ぜひアンケートのニーズにも
お答えいただきたいと思います。
 
 
意外なヒット商品のヒントが
アンケートによって
見つかるかもしれません!
 
 
あ・・・
 
 
ニーズに答えるための
—————————
■取り組み
■プロセス
■商品発売のお知らせ
—————————
を情報発信の題材に使うことを
お忘れなく!
 
 
あらゆるものを
情報発信の題材にしてください。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■アンケートの取り組みフロー

定期的に実施する(PDCA)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   
 
アンケートの取り組みは、
一度で終わってはいけません。
 
 
繰り返し行うことが
重要です。
 
 
でなければ、
最終目標である顧客リストの獲得数は
増えません。
 
 
同じお客様に
改めてお答えいただくことも
問題ありません。
 
 
ただ、アンケート特典を変えるなど
工夫はしてください。
 
—————————
【PDCA】
 
P = PLAN
D = DO
C = CHECK
A = ACTION
—————————
 
この繰り返しの取り組みによって、
アンケートを最強の販促ツールに
育て上げていってください。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
アンケートの
「ten-o-men-ni thinking」について
記しました。
 
 
“【点】の取り組みを【面】にする”
「ten-o-men-ni thinking」で、
無限に拡大させてください。
 
 
私はイベンター時代に、
─────────────
キャラクターショー

アンケート

再来場のしかけ
─────────────
という販促フローで、
マンションの実販売につなげた
実績を持っています。
 
 
この時に、
アンケートの力と可能性を
身をもって感じました。
 
 
なので、
 
 
販促の取り組みとして
アンケートを強くおススメいたします。
 
 
皆さんの様々な取り組みに
置き換える、 
━━━━━━━━
【置き換え思考】
━━━━━━━━
になっていただき、
 
今回のお豆腐屋さんの事例をもとに、
皆さんにとって最適な
アンケートの取り組みを
行ってください。
 
 
「ten-o-men-ni thinking」の
アンケートの取り組みで、
最強の販促を!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
販促【三種の神器】で
快適な販促・媒体構築へナビゲート!
  
■販促コーディネーター竹内
http://takeuchi-produce.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓↓↓Youtube公開の音声動画版↓↓↓