『「いいね」の数が増えなくて・・・』
 
 
と自身のFacebookの「いいね」数で
落ち込まれる方がいます。
 
640_640_letter
 
特に、Facebookをビジネス利用
されている方に多いです。
 
 
確かに、「いいね」の数は、
多い方が気分いいですよね。
 
 
「いいね」の数に左右される気持ち、
よ~くわかります。
 
 
けれども、
 
 
結論から言わせていただくと、
 
────────────────
「いいね」の数 = ビジネス成立
────────────────
 
とは限りません。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一番説得力があるかもしれませんので、
私を事例に・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
お暇な時間があれば、
私の記事への「いいね」数をご覧ください。
 
 
「いいね」数は、
100すらいってません。
 
 
販促系の投稿にいたっては、
「いいね」数が50いけば、
 
 
心の中で、密かにばんざ~~~い!です。
 
 
そんな「いいね」数ですが、、、
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メッセージでお問い合わせが来ます。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
ご本人の許可を得て、
記しますが、
 
 
今まで記事に「いいね」を
してくださったことは、
 
【一度もありません・・・】
 
 
あまりに不思議なメッセージだったので、
 
 
「どういった経緯で
 メッセージを送ろうと
 思われたのでしょう?」
 
 
と伺いました。
 
 
すると、
 
 
「普段竹内さんの投稿を観ている
 友達から紹介されました」
 
 
とのこと。
 
 
その観ていてくださった方も、
「いいね」をしてくださったことは、
 
【一度もありません・・・】
 
 
不思議な出来事ですが、
結論から申し上げると、
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
何時か

何処かで

誰かが

観てくださっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ということになります。
 
 
これは、
Facebookに限ったことではありません。
 
 
発信し続けていると、
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
何時か

何処かで

誰かが

観てくださっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ということです。
 
 
最近、ありがたいことに、
 
■アメブロ
 
■Facebook
 
への相談メッセージが増えました。
 
 
これからも
「いいね」「アクセス数」を気にせず、
 
 
『どこかで見てくださっている
 お一人の方のために』
 
 
投稿していきたいと思います。
 
 
■販促コーディネーター竹内 ホームページ
http://takeuchi-produce.com/