前回の投稿で、
 
─────────────
1.構成を決める。

2.記事を流し込む
─────────────
 
の2ステップで、
“短時間”で新聞が作れると
記しました。
 
 
で、
 
 「記事はどうするの?」
 
 
という疑問になります。
 
 
記事は、
日頃発信している情報を
活用しています。
 
 
つまり、
 
 
日々の投稿が
新聞作成を簡単にするということです。
 
640_640_letter 
 
私は日々、

「様々なテーマ」で、
 
「情報を発信」し
 
「記事を蓄積」しています。
 
 
その取り組みが、
新聞作成の省力化に
つながっているのです。
 
 
2ステップのうちの一つである、
「構成」。
 
 
これは記事のテーマです。
 
 
私の新聞記事の構成は、
 
─────────────
■商品・サービス情報
 
■実績紹介
 
■おススメツール紹介
 
■今月の一枚
 
■編集後記
 
■カレンダー
─────────────
 
です。
 
これらの情報は、
全て毎日の発信によって
蓄積されています。
 
 
なので、、、
 
 
あとは、
 
記事を流し込むだけに
なります。
 
━━━━━━━━━━━
日頃の情報発信による
記事の蓄積
 
=新聞作成の省力化
━━━━━━━━━━━
 
新聞はセールス媒体の中の
たった一つなので、
省力化できるのは、
新聞だけに留まりません。
 
 
な・の・で・・・
 
日々、
 
「様々なテーマ」で、
 
「情報を発信」し
 
「記事を蓄積」していく
 
ことが非常に重要になります。
 
 
でも・・・
 
 
「一つの取り組みを
 一つの取り組みで終わらせない」
 
 
これが私のモットー。
 
 
となると・・・
 
 
新聞は私にかかれば、
紙媒体としてだけで
終わりません。
 
 
次に大切なのは、
「汎用」です。
 
 
「汎用」については、
次回更新ます。
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
新聞のみならず、
様々な販促の省力化に
つながるのに、
 
 
日々、
 
「様々なテーマ」で、
 
「情報を発信」し
 
「記事を蓄積」することは、
 
できませんか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
蓄積 = 省力化
 
 
省力化を実感するまで、
粘り強く、
情報発信を持続してみてください。
 
 
実感は、
一つの行動の継続の先に、
必ず待っています。
 
 
~ある日本人
 メジャーリーガーの言葉~
 
「ちいさいことをかさねることが
 とんでもないところに行く
 ただひとつの道」
 
 
蓄積による省力化で、
高効率の販促を!
 
 
■販促コーディネーター竹内 ホームページ
http://takeuchi-produce.com/