販促【三種の神器】で
快適な販促・媒体構築へナビゲート!
  
販促コーディネーター 竹内です。
 
 
新聞について、
下記のように記してきました。

─────────────
■短時間で新聞が作れる
 2ステップ

1.構成を決める。
2.記事を流し込む

■日頃の情報発信による
 記事の蓄積で
 新聞作成省力化

■新聞のjpg・pdf化で
 ネット媒体化

■新聞のメルマガ化
─────────────
 
 
今回は、最終回の
───────────────
■新聞とネット媒体の媒体連動
───────────────
です。
 
640_640_letter 
 
 
新聞とネット媒体の【連動】は、
アイデア次第で、
様々な展開を可能にします。
 
 
難易度が高いかもしれませんが、
 
────────────────
もしネット媒体をお持ちならば
────────────────
新聞と【連動】させてください。
 
 
────────────────
もしネット媒体をお持ちでなければ
────────────────
ぜひネット媒体を構築して、
新聞と【連動】させてください。
 
 
いくつかの展開について
記します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■続きの記事をネット媒体に記載し、
 新聞から誘導
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
新聞の記事掲載スペースには
限りがあります。
 
 
私が展開し、またご提案している
A4サイズでの新聞の場合、
記事掲載スペースは
どうしても小さくなります。
 
 
そこで、
新聞の記事スペースでは
記しきれない部分を、
 
 
「続きはWebで」
 
 
という形で
新聞の記事内容を補足している
ネット記事に誘導します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■動画との連動
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
Youtubeなどにあげている動画との
情報連動をはかります。
 
 
例えば・・・
 
【レポート動画との連動】
 
臨場感が必要な
レポートなどの情報は、
文字だけでは伝えることが
できません。
 
 
そこで記事から動画へ誘導し、
臨場感を動画に委ねます。
 
 
【おススメ動画との連動】
 
ご自身で動画をあげなくても、
Youtubeには参考となる動画が
たくさんあります。
 
 
新聞の記事に関連する動画に
リンクさせることも
一つの連動手段です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
【連動】についてお伝えすると、
 
 
「新聞記事からネット媒体へ
 どうやって誘導するの?」
 
 
と質問されます。
 
 
簡単な手段が一つあります。
 
 
それは、「QRコード」を
挿入することです。
 
 
また別の機会に紹介しますが、
「QRコード」は、
作成サイトを使えば、
無料で誰でも作ることができます。
 
 
iPhoneなど、一部の端末以外には、
「QRコード」を読み込む機能が
カメラに備わっています。
 
 
備わっていない一部端末でも、
アプリから
「QRコード」読み取りツールを
ダウンロードできます。
 
 
新聞からネット媒体への
誘導の手段は「QRコード」を
ご利用ください。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
ということで、
 
 
[販促コラム■“紙”セールス媒体]
の「新聞」についての連載は
いかがでしたでしょうか?
 
 
この情報を単に
───────────────
新聞を作るための情報
───────────────
と捉えるだけならば
非常にもったいないことです。
 
 
ぜひ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さんの様々な取り組みに
置き換えて、
━━━━━━━━━━━━━━━━━
機会があれば、
読み返してみてください。
 
 
【置き換え思考】は
とても重要です。
 
 
【置き換え思考】になれば、
様々な情報が有益になります。
 
 
ぜひ今回の「新聞」の情報も
【置き換え思考】に立って
お役立てください。
 
 
最後に質問です。
~~~~~~~~~~~~~~~
 
今既にお持ち
ネット媒体、紙媒体は
有効的に【連動】してますか?
 
 
今既にお持ちの
ネット媒体、紙媒体は、
【連動】を前提に
組み立てていますか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~
 
ぜひ一度、
お持ちのネット媒体、紙媒体を
見直してみてください。
 
 
「新聞」はその媒体の一部ですが、
有効に使えば、
販促効果が高い媒体になります。
 
 
「新聞」を有効活用して、
効果がある販促を!
 
 
追伸:
 
 
9月には販促コーディネーターとしての
「新聞」を発行します。
 
 
今までの記事の具体例を
示すことができると思います。 
 
 
発行した際は、
ご閲覧のほど何卒よろしくお願いいたします。
 
 
■販促コーディネーター竹内 ホームページ
http://takeuchi-produce.com/