Webサイト(ホームページ)制作にあたり、
スマホ対応は“必須”となってきました。

その理由を2回に渡って
お伝えいたします。

一つ目は、
Googleアルゴリズムの
仕様変更です。

simplog

Googleは2015年4月21日より
スマホでの使用に最適化されているかどうかを、
ランキング要素として使用する
アルゴリズムを発動しました。

最適化されていないと判断された場合、
モバイルフレンドリーでないサイトとされ、
スマホでの検索結果の順位を
下げられます。

簡単に言うと、

「スマホ対応してないホームページは
 検索順位が下がる可能性がある」

ということになります。

※タブレットについては、
 今回は除外されているようです。

モバイルフレンドリーという
聞きなれない言葉が出てきましたが、
下記に意味を記します。

————————————————

モバイルフレンドリー

=Webサイト(ホームページ)・Webページを
 スマートフォンや携帯電話などのモバイル端末での
 表示に最適化

————————————————

今のところ(2015年7月現在)は、
大きな影響は出ていないということです。

ですが、

いつ影響が出てくるかどうかは、
Googleのアルゴリズム次第なので、
スマホ対応は“必須”になります。

皆さんのWebサイト(ホームページ)が
モバイルフレンドリーかどうかは、
下記のサイトで確認できます。

■Gooogle developers モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

※※※※※※※※※※※※※
ぜひご自身のサイトが
モバイルフレンドリーに
最適かしているかどうか
チェックしてみてください。
※※※※※※※※※※※※※

モバイルフレンドリーのサイトを
制作するには、
「レスポンシブデザイン」が必要です。

また聞きなれない言葉が
出てきましたが
下記に意味を記します。

————————————————

レスポンシブデザイン

=Webデザインの手法の一つで、
 様々な種類の機器や画面サイズに
 単一のファイルで対応すること。

————————————————

レスポンシブデザインのサイトのことを
「レスポンシブサイト」と呼びます。

Webサイト(ホームページ)制作にあたっては、
「レスポンシブサイト」なのかどうか
必ずご確認ください。

また公開後の

・更新性
・拡張性
・連動性

も必ずご確認ください。

【モバイルフレンドリーの
 Webサイト(ホームページ)】で、
 時代にあった販促を行ってください。!

■販促コーディネーター竹内 ホームページ
http://takeuchi-produce.com/