お客様からの質問に
回答させていただきます。

今回はスタンプカードについての
ご質問をいただきました。

640_640_letter

────────────────────

Q.開店当時からスタンプカードに
  取り組んでいます。

  ネットとか全くついていけないのですが、
  スタンプカードという手法は
  古いでしょうか?

————————————————

A.スタンプカードは
  とてつもなく効果がある販促手段です!

  粘り強く取り組んでください。

────────────────────

スタンプカードは、
取り組みやすい販促の一つです。

ただ一つの注意点を申し上げると、

────────────────────
「還元だけで終わらせないでください
────────────────────

ということです。

どういうことか・・・と申しますと、

————————————————

スタンプカードのスタンプが
いっぱいになると
【500円の金券】として
お使いいただけます

————————————————

というような還元で終わらせている
パターンがほとんどなんです。

┃・スタンプカードを回収しても、
┃ 新たに新しいスタンプカードを
┃ 発行するだけ。

┃・回収したスタンプカードに
┃ 住所を書いてもらってるけど、
┃ 何もしていない。

これでは、
スタンプカードは「単発販促」に
終わってしまいます。

────────────────────
スタンプカードにスタンプを集める人は、
超優良顧客です。
────────────────────

例えば500円で一つ押し、
30個でいっぱいになるスタンプカードが
あるとします。

いっぱいにするためには、

500×30=15,000円

いっぱいになって金券になるとしても、
粘り強く集める方は
そう多くはないはずです。

ちなみに、

私はスタンプカードのスタンプを
集める粘り強さがないので、
途中で断念します。

・・・すみません
   話が一瞬それました。

販促目線での
スタンプカードの目的を
お伝えします。

それは、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リストマーケティングです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、

スタンプカードを利用しての
リストマーケティングの流れは
どういうものでしょうか?

シンプルな一つの例を
記します。

——————–
スタンプカード配布
——————–

——————–
スタンプカード捺印
——————–

——————–
スタンプカード回収
——————–

——————–
顧客リスト化
——————–

——————–
DMを定期的(春夏秋冬など)に送付
——————–

——————–
再来店
——————–

——————–
スタンプカード捺印
——————–

[繰り返し]

基本中の基本の流れなので、
取り組むうちに
応用を重ねていきます。

リストが増えれば増えるほど、
販促命中率は高くなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スタンプカード販促 準備物】

□スタンプカード
 →デザイン性は高くなくて
  問題ありません。

□顧客管理ツール
 →年賀状ソフトで
  まったく問題ありません。

□DM
 →年賀状のような感覚で
  作ってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

販促効果が出るためには、
取り組みの継続が大切です。

“スタンプカードがあれば、何でもできる!”

“スタンプカード+DM = 最強の販促”

と申し上げて締めくくらせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・

ご質問いただきまして、
ありがとうございました。

最強販促ツール
【スタンプカード】を使って
最高の販促を行ってください!

■販促コーディネーター竹内 ホームページ
http://takeuchi-produce.com/

↓↓↓音声動画版↓↓↓